肌 女性ホルモン

肌と女性ホルモンの関係性は?

肌の状態は年々変化していきますが
その変化には女性ホルモンが深く関わっていることをご存知ですか。

 

ここでは女性ホルモンと美肌の関係やその整え方をご紹介します。
女性ホルモンの分泌が高まることで肌の悩みだけでなく
更年期障害の緩和や生理痛、偏頭痛の改善も期待できますよ。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

「美肌と女性ホルモンの関係性は?」

 

女性ホルモンには主にエストロゲンと
プロゲステロンがあり
それぞれがバランスよく増減することで
生理や妊娠、出産など
女性特有の体の働きをコントロールしています。
そのためどちらかのホルモンの分泌が
多かったり少なかったりすると生理不順や不妊、
婦人科系の疾患に繋がるのです。

 

またそれぞれのホルモンには
美肌に大切なコラーゲンの生成や
肌の水分量の決め手となるセラミドを増やす働き、
肌を外的刺激から守る働きがあります。
女性ホルモンの分泌が美肌のカギを握るといっても過言ではありません。

 

エストロゲンとプロゲステロンの違い

 

女性ホルモンというとよく耳にするのは
エストロゲンではないでしょうか。
エストロゲンは通称美のホルモンと呼ばれており、
妊娠しやすい体を作るためのホルモンです。
ですのでこのホルモンが多く分泌されると
女性らしさが出てきます。
肌にツヤや潤いが増えたり
体がふっくらしたり若々しさを保つのも
このエストロゲンの働きが大きく関係しています。

 

またプロゲステロンは妊娠した際に
妊娠の継続をサポートし、
体を守ろうとする働きがあります。
そのためこのホルモンの量が増えると皮脂の分泌も盛んになります。
生理前に肌が荒れると感じる方は
プロゲステロンの影響を受けていると言え、
マイナスなイメージを持ってしまいそうですが
女性にとってはこの2つのホルモンのバランスが整っていることが
とても重要なのです。

 

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなる?

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと
先ほども書いたように
婦人科系の疾患に繋がったり
生理痛や偏頭痛がひどくなったり
妊娠しづらい体になったりと
女性にとって辛いことが様々起こります。
また、肌も乾燥気味になりシミやシワ、
くすみといった老化が急激に進んでしまうのです。
イライラする、汗っかきになるなどの
更年期障害も閉経後に

女性ホルモンの量が低下することで起こる症状の1つです。

 

女性ホルモンを増やす効果的な方法は?

 

女性ホルモン自体を増やすことは
なかなか難しいですが
似た働きをする食べ物で補ったり
香りで効果を得ることもできます。

 

食べ物ではイソフラボンを豊富に含んだ大豆や大豆製品、
ミネラルやビタミン類を豊富に含んだ緑黄色野菜やナッツ類、
アボカド、牛肉やカツオなどがおすすめです。

 

またローズやイランイランの香りは
女性ホルモンの分泌を高めてくれるので
オイルで取り入れるのもいいでしょう。

 

そして早寝早起きや冷え予防、
ストレス発散などをし、
生活習慣の乱れや
体の不調につながることを避けるようにしましょう。

 

女性らしい体と潤いに満ちた美しい肌には
女性ホルモンの働きがポイントです。
ぜひ意識して過ごしてくださいね。

関連ページ

皮膚温度を保って乾燥知らずの潤い肌を目指しましょう!
皮膚温度を知り、乾燥をやっつけませんか? 保湿を制するためには皮膚温度について知る必要がありそうですよ。
美肌美人を目指すのにオススメの化粧品
私のオススめ!美肌美人を目指すための化粧品を紹介します。